アルファポリス

「今」にある 「自分=世界」 なる 今今メソッド

足で踏んでいる「今」という地面を意識する

投稿日:

時々、「有料でメンターやセミナー的なことをして頂けませんか?」とのご依頼メールを頂くのですが、遺憾ながらその予定は今後一生ありませんので、ご了承下さい。私は未だ日常ではケチっておりますが、迷える人々の弱みにつけ込んでお布施を頂くような真似は致しません。人と自然に優しい非営利をモットーにこれからも精進していきたいと思います。

と、聖人みたいなことを申しましたが、その実、私自身や私の話、ひいてはこのスピ関係の話にお金を払う価値なんてないというのが本当のところです。どこかに足を運んで達人の話を聞きに行くより、なぜそのような所に足を運んでいるのかと自己の立ち位置を観察する方がよっぽど有意義だからです。というか、それだけで十分なのです。つまり、結局は他人には頼れないものなんですね。

もちろん行きたい衝動を否定するつもりはありませんし、それが何かのきっかけにもなる可能性もありますが、経済的な事情で金を出すか出さないかで葛藤している人は、そのお金で好きなものを買ったり、食ったりする方がよっぽどスピ的には気づきを得られます。それは今を充実させる行為で、これが本来のあり方だとも言えるからです。

この今を充実させるという行為は、今にあるとは別のアプローチです。というのも、先日、今の立ち位置を変えれば現実は変わっていくと申しましたが(いつも言っていますが)、あれはこの「今を充実させる」という意味です。逆に「今にある」というのは、基本的には何もしないとか別の領域に浸るとかと同じ意味で、この宇宙(自分=世界)を知るためのアプローチです(知れば自ずと現実も変わりますが)。

それで「今を充実させる」というのはこの「自分=世界」をとにかく前提としながら、時間軸の幻想を葬って「今は未来なんだから、いつ変わるのよ。今でしょ」の林先生的なアプローチを説明したものなのです。混乱があってはいけないと思い、補足しました。

本当に今の認識が変わると全てが変わるんですが、そうは問屋が卸さないのがエゴちゃんです。あまりこういうと反感を買いそうなので言いたくないのですが、基本的は皆さんは見たくて不足を見ています。厳密には焦点を合わせています。よく言われることですが。

そんなわけないと思っちゃうんですが、エゴが巧妙に現実の景色を無自覚かつネガティブに解釈して、知らず知らずにそう見るように促しているんです。習慣と言ってもいいです。朝起きた時、即ここは自分の部屋と認識しますよね。そんな感じで不足も自然に日常にこびりついています。私も今になって廃人時代の内面を思い出すと、ゾッとするくらい不足を見ていたことが理解できます。ドMでした、マジで。戻りたくありません。で、これを見破るのが今にあるや無思考とかのメソッドです。

今を充実させるのは、それを省略して「自分=世界」を前提とするんで、よく考えれば「なる」と同じなんですが、肝はやっぱり時間軸が幻想ということを意識することですかね。

今皆さんが立っている地面は今も未来もなく、これからもずっと立ち続ける地面です。エゴ的に言えば、今踏んでいる地面は今の地面であり、未来の地面です。

そこで未来を変えたければ、じっとしていても何も変わりません。もう未来の地面を踏んでいるからです。だったら、今すぐに服を着替えればいいんです。今、着替えた瞬間、それが未来です。スピ的にはこの瞬間しかないとも言います。まあ、同じことですが、表現はしっくりくる方でいいかと思います。

「未来の私はこうなっている」との思考もいいですが、それは今を不足に明け渡している危険性も孕んでいます。とにかく、今という全てが創造されている(決まっていく)瞬間、今足で踏んでいるこの地面を意識し続けて欲しいと思います。今のこの地面、この風の匂いがあなたの望んでいる世界のものだと知るだけなんです。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
精神世界

↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑

-「今」にある, 「自分=世界」, なる, 今今メソッド

Copyright© こまけぇこたぁいいから、願望実現しようぜ! , 2020 All Rights Reserved.