アルファポリス

「自分=世界」 なる 別の領域

私は離人症だった!?

投稿日:

またコメント欄からの拝借です。

まずはすみさんからです。

一方、巷には「離人症」という「現実感が喪失する症状」があるらしく、今の「自分が自分じゃなくなる感覚」に近いのでは?と思っています。
これをあれこれと考えている時点で、本来の自分とは離れてしまっていると思うのですが、こまけぇさんは「離人症」と「本来の自分視点の感覚」についてどう思いますか?

「離人症」というのは何となく言葉だけは知っていましたが、どんな症状かはわからず調べてみたところ、

「自分が自分の心や体から離れていったり、また自分が自身の観察者になるような状態を感じること。 その被験者は自分が変化し、世界があいまいになり、現実感を喪失し、その意味合いを失ったと感じる」

との説明がありました。

字面だけを見れば、これはまさしく「自分=世界」の認識ではないですか。しかしどうやら巷では病気だと思われているらしく、スピでいうところの認識の変更とは違ったものである可能性もありますが、確かにスピ的な予備知識を持たずにいきなりエゴがポロっと抜け落ちてしまえば、その奇妙な内面状況に不安になり、病院に通うこともわからなくはないですね。というか、かなりの確率で通うような気もします。それほど自我がなくなることはエゴにとっては恐怖ですし、その恐怖はスピの知識がある人でもなかなか「自分=世界」の認識にダイブできない原因でもあります。

説明文の最後のくだりで「意味合いを失う」と書かれてありますが、私的には「今までエゴがまっさらな空間に勝手な意味付けをしていたことを理解し、自分で好きな意味付けをすりゃそれが現実になるじゃん」というさらなる気付きの発端になるものとも感じるのですが、それもスピの知識を事前に知った上でのことかもしれません。

私もお医者さんに「自分がいなくなるんですよ」と自分の内面を説明すれば、「おめでとうございます。認識の変更の達成です」なんて返されるわけはなく、「それは典型的な離人症です。お薬出しておきます」と返されるかと思います。まあ離人症であろうがなかろうが、私は仙人でもないのでエゴも剥き出しですし、結果的に願望も叶っちゃったんで、私にとっては何だっていいんですが。

※仮に離人症っぽい自覚症状のある方は一度、専門家に相談されることをおススメします。認識の変更とは全く別物かもしれないので

次にたけださんです。

しかし、いざ、なるや設定しようと思ってもアファメーションをすればいいのか?一回だけ心の中で宣言すればいいのか?またはイメージングか?
それともホントになってたらなにも考えないはずだから手放して何も考えないのが設定なのか?などやり方が分かりません。
過去記事は全て目を通したつもりですが、あまりはっきりと言及されてはいなかったと思います(見落としていたらすいません)。

もし、気が向いたらでいいので、記事を出していただけたらとても嬉しいですm(_ _)m

「なる」は立ち位置(在り方)の変更なので、「ホントになってたらなにも考えないはずだから手放して何も考えないのが設定なのか?」が正解ですが、ほとんどの人はすぐに挫けちゃうので、どんな自分であろうがそれを叶っている証拠としてやるのが一番ベターだと思います。ダメな自分をそのまま叶っている自分とするだけです。つまり、たけださんが「なる」の設定の仕方がわからず、私に質問を投稿したそのたけださん自身がもう叶ったたけださんなんです。

気分がハイになろうが、落ち込もうが、それ自体が叶った自分の在り様だと認めて上げることです。現実はそのままで、ただレッテルだけを貼り替える。小学校の1年生が終わると、肉体はそのままなのにただ名札の色が変わって2年生になるような手軽さなんです。変えるべきは思考や感情ではなく、設定(認識)だけです。自愛に近いやり方ですが。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
精神世界

↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑

-「自分=世界」, なる, 別の領域

Copyright© こまけぇこたぁいいから、願望実現しようぜ! , 2020 All Rights Reserved.