アルファポリス

「自分=世界」 意図

物質と内面を分離させない

更新日:

あまり他人の内面の進展にとやかく言うのも野暮ですが、ジンジャーさんが以下のようなコメントをされていましたが、

「ここが私専用の世界である、ということも腑に落ちました。
そして、またこまけぇさんのブログをまた一通り読みました。
で、次は何をするのがベストでしょうか笑?」

そこで立ち止まらず、「次に何をするか」もエゴですので、もう少しそれを俯瞰してみるのがいいような気がします。何か感覚を掴むとエゴがすぐにそれをムシャクシャと餌(分離)にしようとしてきますので、手を緩めず出てくる思考を見つめ続けることをお勧めします。

まあ、「自分=世界」を感じているのも厳密にはエゴなんで、どこまで行こうがエゴなんですが(私の解釈ですが)、記憶のなくなったエゴと申しましょうか、以前に使っていた表現を忘れてしまいました(調べるのも面倒なのですいません)。

記憶を取り払った上で現実を見てみれば、基本的にそれが自分=世界です。この状態に慣れていけば自ずと認識は変更されていくかと私は勝手に思っているんですが、願いを叶えるためには別に必須ではないとも感じます。ただ原理として基本的には一緒です。記憶を失った状態のまま願いを望めばいいだけですから。

例えばアイドルと付き合いたいとすると、記憶があれば「自分は可愛くないし下級国民だから」とかいろいろ心にわだかまりが発生しますが、自分が記憶のないただの意識であればその付き合いたいという思い(意図)だけが漂うことになります。何も不純物は付着していない、願望ではない意図です。自分が何者でもなければ不足は発生しようがないからです。自分がちっぽけな一人の人間という制限があるから不足が生まれるのです。

その思い(叶った世界)ってのは目には見えないですが、認識には確かに存在するものです。で、目の前のコップもなぜあるかと言えば、結局は認識です。視覚がそれを保証しているだけで、実はカップの存在自体は視覚によって左右されません。想像でも視覚でも、とりあえず心に浮かんだ時点で存在することになります。

要は心と現実を分離せず、その「思い」は「在る」とするだけなんです。心の中は妄想だからと目の前のコップとは違うなんてしちゃうのが、エゴちゃんです。それは一人の人間として世界とは分離してるという認識です。

自分=世界になれば肉体が消滅して世界そのものだった(心と物質が溶け合っている)ことがわかるので、その弊害がなくなるというだけなんです。このコップもワイ、願望もワイ、全部ワイ! 形而上、形而下の仕切りがなく、ただ何もかもが「在る」となるわけです。

願望実現の話からまた自分=世界の話に戻ってきましたが、根底の部分では繋がっているということで(汗)。まだバタバタしていますので、あまり構成を考えていません。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
精神世界

↑↑ポチして頂けると嬉しいです↑↑

-「自分=世界」, 意図

Copyright© こまけぇこたぁいいから、願望実現しようぜ! , 2020 All Rights Reserved.