自愛 「自分=世界」

ご無沙汰しております

投稿日:

読者の皆さま、ご無沙汰しております。

実はコメント欄の一見さんの承認制を解除したため、ブログの管理画面をチェックする機会もなくなり、気づけば前回の更新から2ヶ月近くも経ってしまったわけでございます。

荒らし対策だったのですが、そんなに世の中悪いものじゃないと思い始めたのと、面倒という理由で解除したのですが、まだコメント欄は平穏なようで安心しました。ちなみにメールアドレスの入力も不要になったので、よりコメント投稿への敷居が低くなったかと思われます。ハンドルネームの記入も不必要になりましたが、それだと誰が誰かわからなくなるので、そこは記入しておいた方が良さそうです。

あ、そういえばかなり過去の話になりますが、ブログランキングのバナーも全て取り外しました。ブログを立ち上げた当初は読者もゼロで、マニュアルサイトにブログランキングに登録しましょうなんて指南があったものですから、とりあえず付けて見たんですが、今ではある程度アクセスも頂いて、もう特に集客しようなんて意思もなく、場末のバー的に知る人ぞ知る的にやって行こうかなと思った次第で有ります。と言いながら更新を全くせずにいたので、場末のくせにマスターもいない幽霊バーになっている惨状ですが。

いよいよコロナの制限も撤廃され始めましたが、コロナなんてのはウィルスですから、特定の誰かを恨むこともできません。あえて言えば隠蔽していた中国ということになりますが、まあ、基本的には不可抗力ですよね。個人ではどうしようもないというか。しかし、この不可抗力という言葉、実は我々の日常全てが不可効力なんです。

例えば、分かれ道があって左の方に進んで落とし穴に落ちたとします。すごく後悔しますよね。あー、バカバカ自分なんて言って。なぜかって言うと、自分の意思で選択したと思い込んでいるからなんです。自分の意思だから、右に行く選択肢もあったはずだと後悔するわけです。しかし、これもよく考えれば不可抗力で、別れ道に差し掛かった時の気分、疲労感、気温、風の強さ、右の道に犬がいるなどなど、様々な諸条件の元で左に行くよう導かれていたわけなんです。つまり、自分ではどうしようもなかったんです。自由意志はなかったということです。

するとどうでしょう。後悔の念はさっぱりと消えて、心が軽くなって行きます。自由意志があるという錯覚、つまりエゴちゃんという錯覚が消えたからです。エゴちゃんは全て自分が決めてきたと思っているから、全ての選択や間違いに思い悩むわけですが、それが勝手に起こっていたとわかれば、どうしようもないし、自分には責任がなかったんだとスッキリするわけなんです。つまりエゴちゃんは全自動で動いているだけで、あなたには何の責任もないし、エゴちゃんが悩もうが怯えようが、それはあなたじゃなく、リアルなバーチャル世界の主人公が苦悩しているに過ぎないんです。

するとエゴちゃんは自分ではなくなったわけですから、そこら辺のビルや並木と同じように景色の一部になります。しかしその景色を認識しているのは誰でしょう? それがつまり、本当の自分とかそういった名前のヤツですが(それも実はエゴですが)、個人が消滅した意識がその風景を認識しているということは、その風景そのものが自分ということになります。自他がなくなるので、見えている感じているものが即自分はなってくるという仕組みです。対象をもつことができないので、全ては自分だったとことになるんです。

「そんな境地になれるか、バカヤロー」とエゴが騒ぐかも知れませんが、これはただの意識の慣れです。習慣です。自分を責めることなく、エゴの行動全てを許していけば、エゴという狭い器から意識が抜け出して行き、ラジオを聞こうと周波数を合わせるように、徐々に自分=世界の認識へと波長が合って来ますから。

しかし自由意志とかなんやかんや言いましたが、おわかりのように、これも結局自愛と一緒なんです。全自動エゴに惑わされて、自分を責めないこと。自分に寛容になる。優しくなる。すると自ずと優しい世界が広がっていく。そんな単純な捉え方で十分だと思います。

-自愛, 「自分=世界」

Copyright© こまけぇこたぁいいから、願望実現しようぜ! , 2021 All Rights Reserved.